少し前にも出るような本格的な風邪を引いてしまいまして、行きつけの内科を受診しました。
その際、いつもの風邪薬を処方されただけでなく、ティッシュペーパーにヴイックスヴェポラッブを塗ったものを挟んだマスクを勧められました。
咳止めに効くそうです。

ヴイックスヴェポラッブは、子供の頃風邪を引いた時に、よく母に胸に塗ってもらった記憶がありますが、あの刺激的な香りから人工的なイメージがあり、以前から同じ医師に勧められていましたが敬遠していました。
しかし今回は風邪が治っても咳だけが断続的に続くため、試しに使ってみることにしました。

ヴイックスヴェポラッブ

近所のドラッグストアで購入してみて意外だったのは、次のように成分の多くが自然由来のものだったことです。
(大正製薬のヴイックスヴェポラッブ公式サイトより抜粋)

dl-カンフル 5.26g、テレビン油 4.68g、
l-メントール 2.82g、ユーカリ油 1.33g、
ニクズク油 0.69g、杉葉油 0.44g
添加物:チモール、ワセリン

また効能・効果については「鼻づまり、くしゃみ等のかぜに伴う諸症状の緩和」と謳われていて、咳止めは主な効能とは想定されていないようでした。

それでも早速医師から言われたとおり、ティッシュペーパーにヴイックスヴェポラッブを塗ったものを挟んだマスクを使ってみました。

ティッシュペーパーにヴイックスヴェポラッブを薄く塗った状態

ティッシュペーパーの上半分にヴイックスヴェポラッブが薄く延ばして塗られていますが、見た目に塗られていることが分からないかもしれませんが、この程度の量(0.5cc程度)で十分です。
これ以上の量を塗ると、刺激で目が痛くなってしまいます。

咳止め用にヴイックスヴェポラッブを塗った特製マスク完成図

そしてこのようにヴイックスヴェポラッブが塗られた面を内側にしてティッシュペーパーを折り畳んで完成です。

効果は予想以上のものでした。メントールやその他の精油の香りの清涼感で、喉の不快感とともに咳がすぐに治りました。
ただマスクを外して暫くするとまた咳が出てくるので、咳が出るたびにこの特製マスクを装着できるように持ち歩いています。
軟膏のため揮発しづらく、薬剤から発せられる香りも3時間くらい持ちます。

私の実感では、咳止めの薬よりも即効性が高いように思います。

大正製薬 ヴイックスヴェポラッブ@通販