フィリップスの電気シェーバー「パワータッチ」シリーズ

いつの間にかフィリップスの電気シェーバーがシェアNo.1に

少し前から電気シェーバーの剃り心地が悪くなり、さらには肌に痛みまで感じるようになって来たため、新しいシェーバーを買いにヨドバシヘ行きました。

これまで「シェーバーといえばブラウン」「深剃りのブラウン」などのキャッチコピーにのせられてブラウンの製品を愛用し、今回もブラウンの新機種を買う予定でした。

しかしお店を行くと一番手前のフィリップスのコーナーにシェアNo.1の文字が躍っていました。
意外なことに、いつの間にかシェーバーといえばフィリップスの時代に変わっていたようです。

しかもそのフィリップのコーナーには、写真のような奇妙な形の刃のついたシェーバーが並び、本当にこんな形の刃でキレイに剃れるものなのかと思いましたが、性能の悪い商品が売れ続けるとはとても思えません。

力を入れずに剃れるとの謳い文句に魅かれ、フィリップの電気シェーバーを買うことに

またフィリップスのコーナーには、イメージキャラクターにサッカーの長友選手を起用したポスターが吊り下げられ、そのポスターには従来品の1/5の力で剃れる旨の謳い文句が踊っていました。
私は電気シェーバーでも肌が荒れてしまうほどの敏感肌のため、これは魅力的なポイントです。

ただ3万円以上もする高級機種はとても買えませんので、同じ刃の形状をした一番安い商品を捜し、写真のパワータッチというシリーズの電気シェーバーにしました。

金属とは思えない滑らかな剃り心地にビックリ

後日使ってみると、その剃り心地にビックリしました。金属とは思えないほど感触がソフトで滑らかなのです。
ですので低価格商品でもこれだけの剃り心地なら、高級機種はどこが違うのだろうと逆に不思議になりました。

フィリップの電気シェーバーは、私のような特に肌の弱い方にオススメです。
本当に力を入れず刃を当てるだけでもキレイに剃れるので。

フィリップスの電気シェーバー@通販
私は7000円くらいで購入したのですが、アマゾンでは5000円以下で売られていて、ちょっとショックでした...